UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

凧あげ 大爆笑 ♪


2022.1.6
季節の特別教室

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

凧あげ 大爆笑 ♪

 

お正月の遊びで

凧あげをご紹介

 

外が時雨てたので

森のお部屋で凧あげにトライ!

 

先生がお手本を

ちゃんとあがるかなと

みなみ先生、大爆走!

毎年、みんなは

真剣に走るのだけど

ちびっ子凧あげには

コツがあります。

 

①糸を持った手は高くあげ

②前を向いて一心に

③走ってえ〜

この三つが揃うと

凧がフワリと上空へ

見事にあがります。

 

ところが、

2歳ちゃんは

手をあげて走るのは

至難の業

 

3歳君も

手をあげて、走れても

「あっ、あがった?」

って、

振り返ると手が下がり

凧は急降下。

 

なかなか見事にあがる様が

見れないのがナーサリーっ子世代の

愉快なところ

だからこその

気迫みなぎる挑戦です。

森の教室を斜めに

駆け抜けてもらいました。

全速力で風になって

凧があがった、あがったあ!

コーナーのバリア目掛けて

信じて飛び込んできてくれる

力強さに

お、大きくなったなぁ。

か、感動です。

 

日曜日、ほんの少し

風よ吹いてあげて。

 

パパやママと凧あげ

みんなが

賀茂川で楽しめるように。

嬉し、楽し、こま回し ♪


2022.1.6
季節の特別教室

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

嬉し、楽し、こま回し ♪

 

季節は冬

お正月の色々ご紹介

小さなみんなも

「あっ、みた!」「知ってる!」

「これ食べたよ」

門松やお雑煮、おせちのカードにも

大きな声で

リアクションしてくれました。

そして、お正月といえば、

こま回し

 

こまを回すためには、

指先の力を繊細に使います。

ビュンと早く回せると

美しく

長く回ってくれるこま。

 

さあ、先生たちの勝負は?

勝っても負けても

大丈夫です。

 

親指と人差し指の先を

繊細に使ってぎゅっとひねる

こま回し

手は、特に指先の刺激は

脳に直結なので

 

うまく回せるように

繰り返せば繰り返すだけ

賢くなります。

 

見つめる力マックスの

みんなは釘づけに。

ひよこ組さんは

我こそはと挑戦します。

たまご組さんだってと

うん、なかなか

スジがいい持ち方ですよ。

 

 

寅年のはじまり はじまり ♪


2022.1.4
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

寅年のはじまり はじまり ♪

 

新しい年になり

こども達がこどもの森に

賑やかに

帰ってきてくれました。

 

みんなのほっぺは、

あれ? ちょっぴり
ふっくらしてる?

 

そんなあどけない
かわいい2歳の男の子

お玄関に現れ、

ママが「せえのっ!」って

仰ったら、、、

「あーけえまひてっ
おめれとお ございまふ」

大きな声で

お正月のご挨拶
披露してくれました。

「うわー!ステキ!」

みんなで拍手喝采となりました。

ママが冬休み

寄り添って応援してくださったんですね。

 

「やったね」と、

お二人とも嬉しそう。

毎日こんな風に

創造を遥かに超える表現を

びっくりするような驚きを

見せてくれる

 

小さな未来の偉人さんたちに

感謝して

今年もスタートいたします。

 

思いのままに


2022.1.3
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

思いのままに ♪

 

あけまして おめでとうございます。

 

新しい年、

今年はどんな年にしましょうか。

 

先日、北野天満宮に

みんなの作品を書初め展に

エントリーしてきました。

 

2月になると

50種 1500本の梅が満開になる

梅苑でも有名です。

早咲の「寒紅梅」

その中に「思いのまま」という

種類の梅は

紅と白の花が一本の木に

咲くのだそうです。

 

誰に遠慮することもなく

「思のままに」

今年の抱負をたててみませんか?

 

お子様のことも

ご自身の叶えたいことも

 

いっぱい叶えたい夢を

日記の効果的な書き方!10年続けて分かったおすすめの方法 | まあくんのなんでも体験記。

言葉にして

イメージして

心に刻んで

この一年を始めてみませんか?

赤と白が一本の枝に咲く「思いのまま」

思いのままに