UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

願いを言葉に


2024.7.8
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を』

UniOVOこどもの森 山永幹子です

 

願いを言葉に

 

昨日は七夕

梅雨も開ける前だけど

とてもきれいな

夕焼けでした。

 

織姫さまと彦星さま

今年は会えたかな?

 

幼児教育に、

赤ちゃんのご成長に

携わるようになり、20年余り。

これが一番の

私の願いです。

 

そして、

裏には今年、叶えたい私の願い

先生たちの願いも

飾りましたよ。

 

あら、

先生達の素敵な夢が

飾られました。

 

活字にすると

夢が叶うと言いますね。

 

目的地がはっきりするから

その情報を脳が

何度も検索するのかな?

 

今年のナーサリーっ子の

七夕飾りは

織姫さまと彦星さまと

流れ星。

 

お二人のお着物と

お星さまの模様は、

 

実は

一枚の画用紙に

 

自分で選んだ色の瓶に

ビー玉を入れて

絵の具のついたビー玉を

ころころ転がして、

 

そのビー玉の転がる軌跡に

色がついたものです。

 

一人ひとり

好きな色を選んで

ビー玉を!

転がるビー玉に

見つめる天才達は

目を見張り、

その軌跡が

綺麗な模様になることに

さらに

目を見張りました。

みんなの大好きや驚きが

こめられた七夕飾りでした。

 

七夕だけでなく、

パパやママの願いごと

また活字にしてみませんか?

 

こども達は

パパやママの頭の中の

イメージを

 

テレパシーみたいに

感じとる力があるみたいです。

 

だから

心配や不安より

 

夢や希望を

語りましょう。

「生まれてきてくれて

ありがとう」

「早くあなたと

いっぱいお話ししたいなぁ」

「この夏は

色んな冒険しちゃおうね!」って。

昔ながらの紙芝居


2024.7.6
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を』

UniOVOこどもの森 山永幹子です

 

昔ながらの紙芝居

 

陽射しが

暑いあつい夏の日に

なりました。

 

木陰を

手に手にとって

少し歩くと

漫画ミュージアム。

 

春から、

芝生でかけっこしたり

安全な広い空間で

自由に駆け回っているうちに

 

思いがけない

絆が見えてくる。

ひよこ姉ちゃんに導かれ、

たまご組さんも

心踊る表情に。

絵本コーナーで

みんなで

大好きな本を探したり。

2階に上がり、

長い廊下を歩く時は、

大きな火の鳥さん

見上げながら

毎回、神妙にご挨拶。

今日は、

紙芝居コーナーへ。

昭和の木造の

小学校の教室のイメージ

 

こども達にピッタリの

うさぎやライオン、パンダ

 

動物たちが

出てくる紙芝居に

クイズコーナーも。

並べられた椅子に

みんなもしっかり座り

思わず、

クイズに答えたあの子は、

好きなシールを

選んだら

プレゼントしてもらえたよ。

まだテレビが

普及してない時代が

紙芝居屋さんの全盛期

各家庭に一台しかなく

家族みんなでテレビを囲んでいた時代が

ほんの50年ほど前

 

演者さんの豊かな声と

表情に導かれ

 

ひとつの画面に

みんなが魅了される

温かい空間が

再現されていました。

この日は、

韓国、中国からのお客様も。

 

小さなみんなも

「黄金バット」が始まると

 

その色合いや

キャラクターの雰囲気にちょっぴり

ドキドキしながらも

最後までしっかり

観れたねえ。