UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

2019年度入室体験・受付中

ブログblog

楽しい思い出を記憶にするには・・・♪


2019.5.20
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

楽しい思い出 記憶を紡ぐのは今 ♪

こども達には、
ただただ楽しかった
10連休。

お休み明けのこどもの森では、

楽しかったご家族との
思い出の報告会!

「パパと〜、ママと〜、
 おばあちゃんと〜!」

「プール行ったの!」

「ザップ〜ンってしたの!」

お散歩の道中も、
私と手を繋ぐ右手、左手の
二人の2歳の女の子

同時に、
競い合うように
ご家族とのお出かけのこと。

ご家族と
とっても嬉しかった時間のこと

力いっぱい
伝えてくれました。

聖徳太子に
なりたかったあ。

幼児期のあったかい思い出。

それは、
心の愛の泉。

大きくなった時、

もし凹んだとしても、
一生その子の背中を
温かく押してくれる宝物に。

そんな思い出。

作られるのは、

楽しいことがあった後。
今からなんです!

「楽しかったね〜、
 嬉しかったね〜、
 面白かったね〜、
 また行きたいね〜!」

繰り返しが大好きな時

繰り返し、繰り返し

おしゃまなお喋りを
繰り広げてる
ご本人・・・なんとも
楽しそう!

きっと、
天才たちは、
楽しかった
その場面に、
嬉しかったその瞬間に、
瞬時にワープできちゃうみたいです。

何度も
その嬉しかった瞬間を
繰り返し実感。

思い出すことで、

それが、

記憶となり、思い出として
小さな胸にも残るのですね。

あなたが頑張った10連休。

今が
チャンスなんですよ。

いっぱい、

「面白かったね〜、
 楽しかったね〜!」って、

お写真を見返しながら、
お話してみてくださいね。

せっかく3歳の時にも、
ディズニーランド行ったのに
忘れちゃってる?

なんてことには
なりませんから。

お豆むきむき ♪


2019.5.17
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

お豆むきむき ♪

お腹がまあるく膨らんだ
えんどう豆の
皮をむきました。

実は主人の実家からの
故郷便。

ぷくんと
スジに指を入れるとパカっ!

 

 

 

 

 

 

 

みんな
静かに大興奮。

ピカピカツヤツヤの
お豆さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

1才ちゃんも夢中です。

お豆さん
何人家族のおうちかな?

1.2.3.4…..10

10人家族
凄いね、お豆の家族は
大家族。

きっと、ママ喜ぶね。

「ママにお土産に
持って帰ろうね。」

「う〜ん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ママにお土産するの
大好きなみんな。

大きく深く頷いた。

今夜はお豆ご飯かな?

午後の寺子屋クラスの
みんなもお豆に夢中に。

「あっ、8個!」
「じゃあ、いくつ足したら10になる?」
「に、にい!」って、

10の分解の繰り返しも

なんとも楽しそうに
我先にと答えてくれます。

 

 

こうして自分の手で、指先で
お豆のさやの力強さ、

こんなおうちから
こんな子達が
ポコポコポコ。

この手触りが
体感!

「知ってるよ!やったことある」

またひとつ

知ってる世界が広がり、増えると

安心だよね。

そして、

夕食には、
白ごはんの上で
ピカピカ光っていたら、

豆ご飯
好きになっちゃうかな。

或るママが、

早速、

小さな彼がお豆ご飯
無心に頬張る姿
お写真送ってくださったぁ。

わぁ、嬉しいな!

今度は、
お豆の畑に
一緒に行きたいな。

宝石のように
鈴なりに実っている様を

一緒に見たいなあ。

平成から令和に ♫


2019.5.9
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

平成から令和に ♫

新しい時代になりました。

Beautiful Harmony

世界中の紛争も、地球の温暖化も

今こそ「和」をもって
世界の、地球の抱えている問題を
みんなで解決していこうという

そんなお告げのような元号。

極秘裏に、
有識者の様々な審査を経て、
決定されたのに

今、一番大切な言葉。

人々の祈りの集結した思いが
この元号になったのでしょうか。

新しい時代の幕開け。

子育ても、
同じですよね。

親御さんの気持ちも、
和やかに。

ちびっこは、
ミラーニューロン全盛期、
すると、
お子様も和やかに。

 

にこやかな
親御さんのそばには
和やかなお子さんがおられます。

でも、本当は、

子どもの前では、、、と、
くじけそうな心も、
ぐっと踏ん張って、

若しくは
寝不足で閉じそうな
瞼をこじ開けながら

頑張って、
耐えて、
かもしだされてる笑顔かも。

あなたの
その笑顔を、
その頑張りを

ちびっこの小さな胸にも
届けられるよう、

心から応援したいのが
私たち、UniOVO こどもの森の
願いです。

初めてパパになった貴方も
初めてママになった貴女も
お子様も、

育つ今を楽しみ隊に!

お二人目、
三人目を育むあなたは

乳児さんを抱え、

それでも上のお子さんの心も
ちゃんと抱きしめていたい
奮闘されてるのでしょう。

そんなあなたの
応援団にならせてください。

小さなあの子に
『大切なことは大切』と
伝える課題や葛藤はあれど、

育つ今を喜び、楽しみ

あなたもお子様も
どうか和やかに

そんな応援
させていただきたいのです。

 

 

初めての母子分離


2019.4.26
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

初めての母子分離 ♪

そう、きっと
あなたから離れたら泣くでしょう。

泣いていいのです。

あなたがこの1年、2
自分のことよりも大切に、

まずお子様のことを
愛して、包みこみ

頑張ってこられた証拠です。

お子様の泣き声は、
「ママ、大好きだよお!」と
伝えてくれているのです。

まだお喋りも
ままならないお子様にとって、

泣き声こそ言葉。

自分の思いを
力いっぱい表現できてることは
とてもいいことです。

更に、

1才から2才の超絶特技は、

「今を生きる」一瞬一瞬の気持ちを
全て表現してきます。

1秒ごとのご自分の気持ちを
見事に全て表現できるというところです。

 

あるお子さまは、パパとのお別れに、
お玄関で泣かれます。

パパのお姿が視界から消え
「今日のシールは何にしようかな?」と囁くと、

「あっ、そうだった!」瞳がキラリ
スイッチオンです。

ちゃんと次のイメージを持って
ご自分で意欲的に動き始められます。

因みに、彼のお気に入りは
小鳥さんのシール。

一度は是非、
泣き虫怪獣になっていただいて、

「パパ〜!ママ〜!」

大好きだよおと叫んでいただきましょう。

そして、
ふと泣き顔を上げた時、

ひよこお兄ちゃん、お姉ちゃん達と

楽しい活動を繰り広げていたいと思います!

五感にゴクゴク栄養を!

小さなみんなは、
ミラーニューロン臨界期。

環境こそ、教育です。

見るもの、聞くもの
一瞬で吸収してしまうみんなのために

こどもの森スタッフ一同
力を合わせて頑張ってまいります。

どうか、
ご心配やご不安もあると思います。

信じてみてください!

「えっ、誰を?」

それは、
あなたのお子様です。

信じてみてください!

その泣き声は、
決して弱く、か細いものではないはず。

きっと小さな胸の頑張りは、

思いがけない勇姿を
見せてくれますよ。

あなたのお子様は、

あなたの様に、朗らかで、
あなたの様に、友だち思い、
あなたの様に、好奇心満タンです!

こどもの森を
選んでくださった皆様は、

そんな愛情深く、熱心で、
和やかな親御さんばかりです。

お子様の冒険の始まりに

夢を語りましょう!
希望を語りましょう!

一歳の誕生日 ♫


2019.4.26
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

一歳の誕生日 ♫

色とりどりの春のお花が咲き乱れる中、

UniOVO こどもの森
第2回入室式、そして
初めての進級式を
迎えることができました。

UniOVO こどもの森も、

一歳のお誕生日を
迎えることが出来ました。

さあ、新しいお仲間お迎えして
2019年度 新チームの誕生です。

今、ここで出会えた皆様と
素敵な物語を綴っていきます。

その真っ白な一ページ
はじまり、はじまり。

こどもの森を生んでくれたOVO社長の
決意と願いと祈りから始まりました。

ご来賓として、
いつも五感教育でお世話になっている
紀彦先生、お祝いの挨拶
くださいました。

紀彦先生のお嬢様と
私との出会い、

そして今、
なぜ五感教育として

ナーサリーっ子の茶道のお稽古に
駆けつけてくださるのかということ
初めてお話くださいました。

そんな温かい
有り難いお話から始まった入室式。

新入生の1,2歳のみんなは、
あったかいママの胸を離れ、
まさに冒険の始まり!

朝はパワフルに、
あなたとのお別れ際に号泣されたり、
戸惑ったりされるかもしれません。

ふと顔を上げてくれた時、
お友だちとナーサリーの先生達の
笑顔が待っています。

五感にごくごく 2019年度の始まりは
コンテンポラリー・ダンス
お祝いのパフォーマンスから始まりました。

素敵でした。

子ども達もお目々をぱちくり。

あんな風に体って
素敵に動かせるの?

羽がはえてるみたいなお二人の動き

指先まで細やかな、
力強い、そしてハートフルなダンスに

みんな魅了されました。

小東美菜子先生、梁瀬理加先生
本当にありがとうございました。