UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

たまご組大奮闘 ♪


2021.2.12
和みメソッド
五感にゴクゴク栄養を ♪
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

たまご組大奮闘 ♪

 

1歳、2歳の
たまご組さんが

軽快なリズムにのって
登場します。

 

楽しい歌にのって

順番に?

順番ってことは、

たまご組のみんなが

しっかり
待ってる時間も

がんばってるってこと。

 

さあ、いよいよ

自分の番がきて

「はあい!」って

素敵な笑顔で

元気なお返事できるかな。

 

ワクワクどきどき

その時を待つ

 

えへんと席に着いたなら

今度は

お友だちの番を

見守る

 

どちらもワクワク

楽しみながら

止まって

まわりを見つめてみる!

自分を止めるって
実はとても難しいこと


自分で歩けるようになって
やっと動けるようになった時から

それはとても難しいことに変わる。

だっておなかの中から
二年近く賢くこの時を待っていたんだもんね。

行きたいところに
自分で歩いて行ける

なんて素敵なことでしょう。

だから脳のシナプスピュンピュン期も
その頃、爆発的に増えるのです。

でもね、

「ちょっと待って」
ママのそんな声掛けがちゃんと聞けて
待てるようになると

前頭前野がとても活性している証拠

前頭前野は
決断力、判断力、思いやりに、
コミュニケーション能力を
つかさどる
人を人たらしめる脳

そこを活性させると
天才脳がパワーアップ!

こどもの森には
ひろみ先生が居てくれる

元気なたまご組さんも
いつも魔法みたいに
みんなをワクワクさせてくれる

新しい景色を見せてくれる

そんなひろみ先生と一緒だと
No-Go回路もしっかり育めてます。

ひろみ先生についていけば
楽しいこと間違いなし!

子ども達の絶大な
信頼がそこにあります。

見るもの聞くもの
全てを吸収しちゃうゴールデンタイムを
満喫するためには

まずは
「ちょっと待ってみて」

 

 

豆まき その1 ♪


2021.2.4
ナーサリークラス

五感にゴクゴク栄養を ♪
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

豆まき

薄茶色の画用紙を
ぎゅっぎゅっと握り

豆をみんなでこしらえ
鬼のお面も用意して

さあ、準備満タン!

「今日は節分だあ!
さあ、鬼さん来るかもしれないね。」

先生達の声かけに

流石に2.3歳「え?」

ひよこ組は考える。

真っ白なたまご組さんは

いつもどおりに無邪気に無心に

やんちゃしたり、
じゃれあったり

お片づけの音楽が鳴っても

聞こえないくらい
無邪気に楽しんでいたら・・・

き、き、来たぁ!

「うわーん!!!」

「うぎゃあ!!!」

一番泣いて

一番逃げ惑ったのは

やんちゃ盛りのたまごちゃん。

うふふ

それってどんな内なる気持ちに
響いているのかな。

コーナーに逃げ込むことの
速いこと速いこと。

でも大丈夫!

鬼は先生の優しい友だち。

怖いのは鬼じゃないよ。

「お片づけ頑張ろう」って思うのに

めんどくさいなって

めんどくさい鬼

みんなの心の中に
いませんか?

「お友だちに優しくね」って

わかってるけど時々なっちゃう

怒りんぼ鬼

みんなの心の中にいませんか?

先生の中にも実は

いっぱいいるよ。

だからみんなで

アーンパンチ!

みんなで一緒に

がんばろうね。

どうやら

みんなの心も晴れた様です。

朝の打ち合わせに
早朝保育の1歳ちゃん

居合わせちゃって

不思議顔が
止まらない!

 

 

 

 

 

 

ちびっ子書家の誕生 ♪


2021.1.31
和みメソッド

五感にゴクゴク栄養を ♪
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

ちびっ子書家の誕生 ♪

今、梅が咲き始めている
北野天満宮にて

書初め展の作品が
展示されています。

昨日、
嬉しい報告届きました。

こどもの森で冬の特別教室で
一緒に頑張ったみんなも

展示されてるご自分の作品を
見つけに行かれたと

金賞、銀賞に選ばれたお友だちは

記念品と賞状を!

それは
誇らしげに微笑んで

きっと
「うん、ぼくはすごいぞ!」

小さな胸の
自信の種になりますね。

菅原道真公を祀る北野天満宮の
毎年恒例の天満書

新しい年の初めに
書道の上達を願うもの。

筆に墨をたっぷりつけて

自分のイメージしたように
書きたいね。

一生懸命大きな筆を持ち

白い紙に向き合った時間が

改めて文字に対する

大きな気づきと

来年に向けての新たな意欲に

きっと変身!