UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

春の忍者は


2024.4.10
体幹 身体の発達を促す

『五感にゴクゴク栄養を』

UniOVOこどもの森 山永桂子です♪

 

春の忍者は

 

春の忍者は、

皆んなが大好きな

ナインフープ、

しっぽ取りと高跳びなどを、

時間などの

制限を設けず、

こども達がやりたいだけ

思いっきりさせてあげたいと願い

時間をたっぷりとりました。

 

子どもたちは

私たち大人が思う、5倍も10倍も、

チャレンジが大好き。

挑戦することが

大好きなんだと、

眼差しから伝わってくる。

少しくらい

出来なくても

 

果敢に挑戦をし、

自分の限界を

引き上げる瞬間を

目の前で

何度も何度も見せてくれました。

 

こども達の中で、

一回一回の忍者は

終わっていないんです。

 

次こそは

小学生のお兄ちゃんの

「〇〇くんに勝つぞ!」って

言っていた年中さんが、

 

今回もまた勝負を挑みに

やって来てくれました。

 

高跳びでは、

自分の記録を越えたくて

「先生、スローで動画撮って!」

まるで

オリンピック選手のように

研究を重ねます!

 

フォームを工夫し、

飛び続ける姿は、

集中の真っ只中。

ゾーンそのもの!

 

こうやって

子どもたちは、

自分を育てていくのかと

感動の連続でした。

 

沢山の奇跡をありがとう!

 

勇気ある挑戦者は

小さなみんなにも優しくて、

(あたちもとびたいな)

そんな気持ちを察してくれたのか、

そっと手を

差し伸べてくれるのです。

 

すると、

こちらも記録を更新!

2歳ちゃんの

渾身の両足ジャンプ!

喜びが体中に

溢れてる!

 

ちびっ子忍者の誕生でした。

ロゼット作り


2024.4.9
季節の特別教室

『五感にゴクゴク栄養を』

UniOVOこどもの森 瀬戸口 南 です ♪

 

ロゼット作り

 

描くこと、作ること

こども達は、とっても大好き。

 

自分で作った

作品を持ち歩いたり、

 

もしかしたら

身に付けれたら?

 

もっと身近にアートを

感じてもらえるのかな?

 

そこで今回は

ロゼット作りに挑戦です。

 

ロゼットって?

 

実物を見せると

女の子たちは

「きゃー!かわいい!」って

目をキラキラさせました。

 

色ペンにスパンコール、

4色のリボンを並べると

みんなの創造力がさらに上がりました。

ナーサリーっ子は、

好きな色を思う存分塗り、

いつもの紙じゃなく

小さな布の画面に

お絵描きすること

そのことも

非日常な体験だったみたい。

 

好きな形のスパンコールを

上手につまんで

ボンドをつけて貼って、

自分の大好きが詰まった

作品が出来上がりました。

幼稚園や

小学生のお友だちは、

 

完成形をイメージしながらも

絵とスパンコールの

配置や組み合わせを上手く考えて

模様を作っていましたよ。

 

こども達が、

自分で、好きな色や形を

思うままに描き

飾ることで、

今しか表現できない

世界に一つだけの

素敵なロゼットができました。

近い未来、

今より大きくなったみんなが

この作品をみつけた時、

 

楽しかったこの時を

また思い出してもらえると

嬉しいな。

わらべうた歌おう


2024.4.5
季節の特別教室

『五感にゴクゴク栄養を』

UniOVOこどもの森 林 咲希です ♪

 

わらべうた歌おう

 

京都に昔から伝わる

わらべうたの遊びを

こども達に継承していきたい。

 

そう思ったのがきっかけで

今回、企画しました。

 

みんなで声を合わせて

歌いながら遊ぶことは

五感を使うことにつながるのではないか、

 

また子どもたちにとって

新しい遊びへの気づきに

なるのではないかなと思いました。

歌は、

私が歌ってみせると、、、

 

真剣な表情で

耳を傾けてくれる子どもたち。

 

素晴らしい集中力で

すぐに一緒に歌ってくれました♪

さらに

動きをつけてやってみると

 

「なべなべそこぬけ」で

上手くひっくり返るためには

どうしよう?

 

「とおりゃんせ」では

捕まらずに

通り抜けるには

どうしよう?

 

遊びのルールに対して

こども達が

考え始めました。

仲間やオニ役の子との

かけひきも楽しんで

遊んでいる?

一歳の子も

みんなと手を繋いで

ニコニコ参加してくれました!

はじめましてのお友だちも

みんな楽しそうに

遊んでくれて安心したと同時に、

 

わらべうたが持つ

魅力の普遍さを感じました。

 

1歳から小学生まで

幅広い年齢の子どもたちが

参加してくれて、

 

このように

異なる年齢のこども達が

一緒に同じ遊びを楽しめるというところも

わらべうたの魅力ですね。

そして

わらべうたで触れ合っているうちに

互いの距離も縮まり、

こちらのお姉ちゃん

無垢な魅力をはなつ1歳ちゃんに

もう夢中!

 

子どもたちと貴重な体験できて

楽しい時間を過ごすことができました。

 

私は、

幼少期にみやこキッズハーモニーという

合唱団にて

 

沢山の童歌を教えて頂き、

仲間と遊んだり、

ステージ披露する機会もありました。

 

まだまだ

紹介していないわらべうたが

沢山あるので

また一緒に遊びましょう!

バイオリンとビオラと


2024.4.4
アーティスト・講師

『五感にゴクゴク栄養を』

UniOVOこどもの森 山永幹子です ♪

 

バイオリンとビオラと

 

春の特別教室

スペシャルDay  コンサート 第二弾は、

 

原田詩穂先生の

バイオリンの演奏です。

 

澄み切った優しい

バイオリンの音色での

「早春賦」

「月の光」

 

春は、

別れの季節でもあるけれど

出会いの季節でもある。

 

そして春は、

芽吹きの季節。

 

これから起こる

新しい出来事を予感させるような

素敵な音色。

 

みんなが知ってる

みんなが歌える曲になると

この日もみんなステージへ

詩穂先生が

ひと回り大きなビオラに持ちかえて

演奏してくれたのは

「ヴォカリーズ」

ぐんと深い音色になって、

世界が海が、

広がっていくように

見えるような

気持ちになった。

 

最後に

小さなバイオリンがご登場。

 

挑戦したい強者達が

並びます。

「みんなも

ヴァイオリニスト」のコーナーは

お兄ちゃん、お姉ちゃんに

大人気。

幼稚園のお姉ちゃんは

「自分でできる!」って

弓を器用に動かしてみたり

挑戦してる。

 

こちらのお兄ちゃん

挑戦してみて

触ってみて、

思わずニコリ!

どんな気持ちをみつけたのかな?

 

ナーサリーっ子は、

可愛い小首をかしげて

バイオリンを挟んだら・・・

「あれ?音がしないぞ?」って

不思議がったり

 

ちょっぴり怪訝な表情に

なって、

精一杯

感じてる。

なんだか

構えが

素敵なんだけど!

 

それぞれのこども達の

それぞれの心の声を、

聴いてみたいな。

 

みんな

五感にごくごくしてたね。

 

詩穂先生、

いつも素敵な演奏を、

貴重な体験をありがとうございます。

 

ハワイの風になる


2024.4.2
アーティスト・講師

『五感にゴクゴク栄養を』

UniOVOこどもの森 山永幹子です ♪

 

ハワイの風になる

 

春の特別教室アフタークラス

この五感にごくごくタイムは、

 

大野美花先生のフラ

 

まずはお楽しみの

衣装チェンジ!

パウスカートを選んだり、

男の子だって

レイをかけたり、

髪に花を飾ったり、

ちょっぴり甘い香りのクリームを

手に塗ってもらうと、

気分はハワイ

ヤシの木やキラウエア火山が

目の前に見えるよう

 

フラの手の動きは

まるで手話のよう

海に波に

花に空に山

うわっ、とっても

きれい!

 

美花先生の

ハートフルなフラは

見ているだけで幸せになる。

みんなも

一緒に足のステップから

ステップをそのまま

続けながら

 

手話のような手の動きも

なめらかに?

実は素晴らしく

脳トレになりそうです。

 

音楽は

どんどん進むから

みんなも

美花先生の笑顔に照らされ

ぐんぐん踊り続けてく。

がんばった仲間で

はいチーズ!

男の子チームに兄弟で、

仲良しチームで

みんなで

ハワイの風に

なれたよね?