UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

2019年度入室体験・受付中

ブログblog

種蒔き たいか〜ん!


2019.6.7
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

最後に種蒔きもさせていただきましたよ。

インゲン豆と枝豆の種

手のひらにふた粒づつ
入れていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなお手手の中に
小さな小さな種が包まれ

畑に、ぽこんぽこんと穴をあけ
お豆のおうちができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのおうちにそっと種をまきました。

ふかふかのお布団かけてと、土をかけてあげたら

もう種は見えないけれど、

2歳のみんな、なんだか夢見る瞳になったから

一緒に小さな畑を歌ったね。

ぐんぐん伸びて〜
春になあって〜
おっきなおっきな花が
咲きましたあ〜   ドカン!

帰り道、2歳女の子

ぜったいおおきくなるのよ!
ちいさくないの!

おおきいなるのよ!

種を握りしめた小さなお手手から

命のパワー受け取ったのかな。

早く会えるといいね。

ピーマンはピッピッピッ♫


2019.6.7
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

収穫体験第二弾

それは、緑にツヤツヤ輝くピーマン。

ピーマンはピッピッピッ♫

野菜の手遊びで大人気のピーマン。

本物の輝きを前にみんな凝視!

ぎゅっと可愛いお口を閉じて

瞳がみるみる大きくなって

ピーマンが 照れちゃうくらい見つめてたね。

左手でピーマン支えて、ハサミでチョキン。

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間、手のひらにのった感覚は
どうだったのかなぁ。

意外とツルツルだったかな?
ゴワゴワだったかな?

万願寺とうがらしはおんなじ緑でも

ピーマンまんより
うんと細っそりさんだったね。

お日様エネルギー
吸い込んだ緑の野菜の美しさ

お母さんの木にこんな風にぶら下がっているの?

きっと いっぱい発見。

五感にゴクゴク体感 できたね。

収穫体験


2019.6.7
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

収 穫 体 験 ♪

招待いただき菜園に行ってまいりました。

エレベーターで4階まで
あと少し階段を、小さなみんながよじ登ると

そこには

夏空をバックに緑の菜園が広がっていました。

早速、
じゃがいもの葉っぱを手に手に、

うんとこしょ、どっこいしょ!

じゃがいも家族が飛び出してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さんみたいに大きいの。

赤ちゃんみたいに
ちっちゃいの。

お髭みたいな綺麗な白い根っこで
みんなみんな繋がってたね。

ほこほこの
土の中にも「かくれんぼ」

みんなで宝探しみたいに掘り進めます。

あっ、居た!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土の中から、探し当てると嬉しくて、

なんだか愛しそうにお顔の前で
「こんにちは」

そうそう
可愛い青虫くんもこんにちはしたね。

元気な畑の証ですね。

元気な畑の
元気なじゃがいも。

みんなの元気になあれ!

ファームの皆様
貴重な体験
ありがとうこざいます。

たまごちゃんの快進撃 ♬


2019.5.28
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

たまごちゃんの快進撃 ♬

新入生のお友だちの
思いがけない笑顔に魅了されています。

皆、想像を超える
ステキな表情
見せてくれています。

ママとのお別れは大号泣するも、
みんなとカートに乗り込み

いざお出かけ!

1歳半から2歳の
お友だちの瞳は、
本当に鋭く、強く。

見つめ始めると、
泣くことを忘れ、

だんだん触れ合う仲間に視線が
注がれます。

お散歩中も
大切な大切な
五感にごくごく時間。

季節の発見したり、
純ちゃん先生の素敵な歌声に

いつしかみんなで
英語の曲を大熱唱 ♪

ひよこ兄ちゃん、姉ちゃんの
そんな姿を、
みつめるたまごちゃん。

思わず、
つられて笑顔が飛び出します。

季節は、
気がつけば、

柔らかな桜から新緑の春へ。

自然の息吹が
みんなのがんばりを
包み込んでくれています。

 

 

 

緑の中で繋がる心 ♪


2019.5.27
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

緑の中で 繋がる心 ♪

御所の
自然に包まれて

緑のアーチをくぐり抜け、
出た先には小川がありました。

みんな、開けた視界と
流れる水に夢中に。

葉っぱの舟を浮かべて、
流してみます。

思わずぎゅっと目を凝らし
一才ちゃんもお舟の行方を目で追います。

中には、
小枝を拾って流してみたり、

水に浮くもの、
沈むもの?

2才の博士と
理系女のたまごちゃんは
実験大会になってたね。

 

遊びとして、

飽きるまで、
いっぱい体感できる
豊かな時間。

その様を見つめてた
新入生の2才くん。

ママとのお別れには
「ママ、だっこ~!」と大号泣だったのに
じっと小川をみつめてる。

その側に、
ふんわり寄り添う女の子。

言葉はないのに
どこか繋がりあった?

そっと、
彼に小石を渡すのね〜。

そ、それは
ちょっと大きいかなぁ。

あっ、投げなかった。
ほっ、鑑賞用でしたか。

石は、
翡翠でなくても

みんなの心を
慰めたり、ワクワクさせたり

どうやら
不思議な力が
やっぱりあるんだね。

そして

2歳のあなたにも。

言葉など、使わなくても

そんな風に

寄り添っていけるんだね。