UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

自然は最高の先生 ♪


2022.4.23
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

自然は最高の先生 ♪

 

今、新緑が

どちらを見ても美しい!

 

「春が来たよ」って

誰も言ってないのに、

 

賀茂川の桜も「せ〜の!」って

咲いて、散って、

 

今度は緑が

輝く季節に。

 

比叡山も北山の山々も

様々な樹々の緑がイキイキと

なんだか遠目にも山が

盛り上がって見えてきました。

 

これは

自然のプログラム

 

植物は、

遺伝子の暗号に従って

自らを活かし、毎日生き切っている。

 

それと同じように

子ども達も内なる先生の導きに従って

どこかをすっとばかすことなく

成長していく。

 

歩き始めたからといって

いきなりスキップはできないけれど、

 

その時に至るまで

様々な経験を自ら求めていく。

 

そんな時

自然の中にいることで

内なる先生に導かれる

様々な体験を重ねやすいと感じます。

こちらは、

ウエンズデエイ ハーフの

年少クラスの仲間たち。

 

こどもの森から御所までの

道のりを早足で、

 

小川に着いたら

靴を脱ぎ捨て

ちょっぴり冷たい小川に突入。

 

岩から岩へと

渡る時は、

平衡をとる体幹や

足先のみならず、

前頭前野を使います。

足の裏からの

情報でもって、全身で跳ねて

集中力を培ってますね。

 

キラキラ光る小石を数えて

数の概念も。

 

色んな形の枝を拾っては、

イメージ力膨らませ

こちらでは、

釣りが始まった?

「せんせいにかけちゃおう!」

って、いたずらも意気投合して

ふふふ、本当に楽しそう!

だってそこには、

この前まで一緒に育ち合ってた

仲間がいるんだもんね。

 

そんなみんなを

遅咲きの八重桜が花吹雪で包んでくれたり

山吹にたんぽぽの色鮮やかな色彩が

子ども達の発見魂を

くすぐってくれます。

 

みんな

いいものみつけたら、

やっぱりポッケに。

洗濯の時、

あの子のポケットの中に

くたくたのたんぽぽ

見つけたら、

 

それは、

きっとあなたへの

お土産です。

こどもの森のパワフルな午後 ♪


2022.4.22
アフタークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

こどもの森の

パワフルな午後 ♪

 

こどもの森の新学期

アフタークラスも元気に発進!

 

幼稚園から、小学校から

帰って来てくれたみんなの

足がぐんと伸びてる!

 

新緑みたいに

ぐんぐん背が高くなってる!!!

 

入園されたり、入学されたり

ひとつ上の学年に進級されたみんな

 

お兄ちゃん、お姉ちゃんも

やっぱり新しいお顔で現れる。

 

みんなの話題は専ら

新しいクラスの名前、

大好きなお友だちと別れたこと、

担任の先生の仰ったことで持ちきりです。

 

真っ直ぐに

新しい世界を受けとめて

一生懸命

張り切って頑張ってるのが

伝わってくる。

 

それでも

新しい環境って

緊張もするよね?

 

だからこそ

しっかり体と心を

揺さぶることから

始めます。

 

まずは、

みんなでリラーックス。

少しおすまし顔のあの子も

またいつもの笑顔に戻ります。

笑顔になったら、

心の窓が開くから

そこから

みんなで学んでいきますよ。

 

「がんばる時は、がんばります!」

それを知ってるみんなだから、

 

お話の聞き取りが始まる頃には、

真顔になって、

直ぐに聖なる集中に?

みんなそれぞれ、

自分の意志で頑張ろうと

してる姿が素敵です。

「ママ、ありがとう」の朝 ♪


2022.4.19
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

「ママ、ありがとう」の朝 ♪

 

新学期、

2歳のひよこ兄ちゃん、姉ちゃんにも

すでに変化は起きています。

 

「春は曙、、、」と

歌われたように

 

ママとお別れする

朝は、

まだまだ眠かったり、

おうちのおもちゃで

もう少し遊んでいたかったり、

きっと、

こどもたちの言い分も

色々あり、

 

1秒ごとの心を

見事に表現してくれる2歳ちゃんは

 

ママとのお別れに

号泣することもしばしば。

(ママの姿が見えなくなると、

カッチン切り替えて

仲間の元へかけていかれるのですが)

 

ところが

朝のお別れに

ご自分で心を切り替えて、

「ママ、ありがとう!」って

 

ご自分から

ママを振り返り言えた朝が

きちゃった!

その直後、

なんだか誇らしげに

教室に

入ってくるやいなや

 

朝の準備もトイトレも

うんせ、わっせと

ご自身でやり遂げてる。

 

そんな時、

こどもの森の先生たちは

その子の頑張り尊重し、

 

決して手は出さないどころか

いつもより、

そっと距離を置くのです。

(はじめてのおつかい風)

 

その子が

自分自身でやり遂げて

ニンマリ振り返った時にこそ

びっくりして

一緒に喜んであげたいから。

 

自分の鞄をロッカーに

入れ切って

「やった!できた!」って

振り返った時

 

自分でがんばろうと

小さな胸で決めて

やりきれたことを

祝福したいから。

 

そんな

「できるスイッチ」が入った日は

ミラクル連発!

 

高い滑り台に

みんなのお手本になると

1番にエントリーしてくれたり

ひとりで行ってみる!って

決意表明。

思いがけないスピードに

ちょっとビクっとしながらも

クールにやり遂げた!

 

小さなたまごちゃんの

頭を撫でに行ったり、

先生のお手伝いを

したいと机を一緒に拭いてくれたりと

 

その子の見える世界が

ガラリと変わるみたいです。

 

そう、

新しいステージに

立っているのです。

 

ここで大切なことは、

 

「おしゃぶりを投げ捨てたあの子に

もうおしゃぶりはあげないで。

 

今、あの子が求めているものは

鉛筆です。」

これは例えですが、

 

文字かずの敏感期でもあります。

 

自分で心を切り替える

これができると、トイトレも大成功!

スポンジが水を吸うように

平仮名も

あっという間に覚えちゃうんでしょう。

素敵なこの世界のエッセンス

どんどん学び

無意識に吸収していかれてます。

 

てんとう虫だ!


2022.4.18
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

てんとう虫だ ♪

 

みんなの大好きな

どんぐり公園

まだまだ綺麗な八重桜

 

下から見あげると

これまたブーケみたいに

きれい!

先生に抱っこされ、

みんなで顔を近づけて

見入っていていたら、

 

「あっ、てんとーむし❣️」って

ひよこ兄ちゃん。

 

「え?どこどこ?」

 

先生達みんなで

血眼に探してたら、

 

「ここ、ここっ!」って

指差してくれた先には

 

確かに

桃色の花びらに

てんとう虫のてんちゃん?

 

しっかり

しがみついてた。

子ども達は、

小さなものをみつける天才!

 

小さなゴミも

小さな虫も

気になるお年頃

 

それは

見つめる力の

天才期ってことなんだよね。

 

一度見たもの、

一度聴いた歌も、

 

写真で撮ったように

無意識に覚えてしまう天才期。

 

みんなで

素敵な春の自然を

いっぱい見つめていこうね。

 

春はね、

日本では、始まりの季節なんだ。

 

葉桜も過ぎたら、

いよいよ新緑の季節です。

 

緑も子たちも

ギュンギュン伸びる季節です!

一歳ちゃんの快進撃 ♪


2022.4.14
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

一歳ちゃんの快進撃 ♪

 

4月にご入室された

1歳ちゃん。

しかも1歳0か月君。

 

なんと、

トイレでおしっこ大成功。

一日に三回も?

給食は、興味津々。

「食べる」ってことに夢中。

ママから離れた初日から

笑顔が飛び出し、

 

きらきら星の曲がかかると

スプーンをおいて

手をあげて

「きらきらのポーズ」かな

小さな掌

グッパーグッパーさせて

音楽にものりまくれる。

きっとおうちで

ママとくちずさんでいた

お歌だったんだね。

 

こんな風に

ママと過ごした楽しい時間の記憶

離れている時間も

がんばろうとするお子様を

応援してくれています。

 

どうやら

音楽やリズミカルな響きが大好きな

1歳ちゃん。

午後からの English timeは

大爆笑!

その笑顔も笑声も

なんだか曲とリズミカルに反応してる?

 

これから

きっとみんなを

さらに、びっくりさせてくれるね。

ミラクルボーイ君

ご登場です。