UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

2019年度入室体験・受付中

ブログblog

2歳児の言葉  ♪


2019.7.17
和みメソッド

2歳の表現は、

そうです。
反対語星人!

見事なもんです。

それは
いつもではないのですよ。

何かのスイッチが入っちゃうと。

やってみようと言うと、
「やらない」と言う。

美味しそうというと、
「おいしくない」と言う。

楽しそうねというと、
「楽しくない」と、口を尖らせ
心引きこもる。

そしてお出かけ先で、
もう帰ろうと言うと、
「帰らない〜!」って
大立ち回りが始まりますよね。

そんな嵐を呼ぶお子様を
迎え撃つ勇者のあなたへ。

その何かのスイッチ・・・それは
なんだったのかな?

そんな風に考えてみて
あげてくださいますか?

その表現は、
怒りん坊かもしれません。
泣き虫かもしれません。

実は、
心が言葉に
置き換わってきている時。

思いを言葉で考え始め、

それでも

本当にタイムリーな気持ちを
言葉にするのって
大人でも大変なことですよね。

例えば、
ある公園で、
急に知らないお友だちに
おもちゃを横取りされ、
「返して!」って言いたい!

でも相手は強そう。無理かな?

え〜!!?何々?
もう無理・・・泣いちゃおう!!!

うぎゃー!!!!!

きっと
それは魂の叫びですよね。

そんな時
私からの提案は、
見事な反対語星人の時代を
見事に、思い切り、
満喫しましょう。

魂の叫びを
しっかり叫ばしてあげましょうよ。

そのエネルギーが高い分
語彙爆発が見事です。

そして、
燃えたぎったマグマが
ちょっぴり冷めてきた時、

「本当は、どうしたかったん?」って

反対語星人に
聴いてみてあげましょう。

「本当は、〇〇したかったん?」

沢山の想像できる選択肢の中から
提案してみて、

お子様が、こくりと頷いた!

そんな風に、
もし、お子様のビンゴな気持ちに
辿り着けたら、

どうか、
「じゃあ、一緒に伝えに行こう!」って

お子様の心を
言葉にすることを
一緒に。

「一緒に伝えにいこう!」って
思いを言葉にする方法の
お手本をしてあげてください。

それは
「かして〜」かもしれないし、

もしかしたら
「無理やりとらないで!」
かもしれません。

その時のタイムリーな思い、
願い、怒り、悲しみ、

そんな自分の思いを
相手に伝えることができたら、

子ども達は、実はスッキリ。

実はその物には、
全くこだわりなく、
「どうぞ、使っていいよ」って、
差し出すくらい
慈悲深い心を持っています。

「え?もう良かったん?」って
仲裁に入った先生が、
びっくりするくらい寛容な心を。

それだけ、

誰かが、
自分の気持ち、わかってくれる!

ってことが
大切なんですね。

大人だって、
そうかもしれません。

ぜひ聴いてあげてください。
「本当はどうしたかったん?」
「本当は何て言いたかったん?」って。

その子の、
その時の、

ストライクな気持ちを。

光るような笹の葉 ♪


2019.7.10
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

光るような笹の葉 ♪

七夕の少し前に
本物の笹を、

こどもの森のちびっ子に

お寺さんから
プレゼントしていただきました。

七夕の歌を歌いながら、

笹の葉を
みんなのつぶらな瞳の前に
かざすと、、、

はっ、、、!?

本物の自然の威力

絵本の中の笹も
テレビの中の笹も敵わない

本物の笹は、
光るように緑美しく

触るとチクチク
葉っぱはどうだった?

その笹の葉に、

みんなが小さな手で
ハサミや糊にも挑戦した
お飾りを飾っていきました。

おうちでも
こんな風にご家族で

楽しく、夢や希望を語りながら

飾り付けて欲しいなと
願いを込めて。

夢を語ろう   希望を語ろう

信じることと、

言葉は、

こども達の栄養だから。

2時のお帰りの際、

それぞれ
お気に入りの枝ぶりの
笹をお持ち帰りいただきました。

笹の葉が
いたくお気にめした1歳ちゃん。

「たた!たた!」と
帰りのお車の中も、

ずっと笹を握りしめたまま
お昼寝されたそうです。

どんな夢をみたのかな。

パパたちのエール ♪


2019.6.19
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

パパたちのエール ♪

父の日参観のこと。

一緒に過ごす空間で、
パパ達から
素晴らしいエールを頂きました。

ミラーニューロン全盛期

パパの勇姿が
みんなの瞳を魅了しました。

みんな思わず、
にっこり。

この日のために、
海外出張から朝帰ってこられたというパパも。
ハイポーズ!

華麗なる
倒立前転も飛び出した。

一工夫してくださり、

お茶目なポーズも飛び出した。

一緒に笑って、一緒にジャンプ。

嬉しかったねえ。

楽しかったねえ。

強く、逞しいパパたちが
小さなみんなに
膝を折り、寄り添ってくださいました。

この嬉しい気持ちの粒が
明日のお子様の意欲にきっと、

へ~んしん!

 

愉快な参観日 ♪


2019.6.18
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

愉快な参観日 ♪

パパもママも一緒にこどもの森へ。

ナーサリークラスの子ども達の勇姿を見ていただこうと

父の日間近の先週一週間を父の日参観週間と決めました。

さぁ、いつもはお玄関でお別れなのに、

 

『あれ?』

『パパもママも一緒なの?』

 

少し、キョトンとするたまごちゃん。

それでも思わずいつもどおりに
1歳ちゃんもパパやママを従え、朝のお支度。

シールを貼って、コップを出して、おトイレに行って、、、

パンツもズボンも うんとこしょ!

 

「え?こんなこと、出来るんですか?」

 

って、パパやママ。

できますとも、できますとも。
こどもの森の先生たちはみんな知っています。

朝の元気タイムでは、パパやママも一緒にかけっこ。

ポーネルンドのマットで
お空までって跳ねていただきました。

その日は、
パパやママがいらっしゃらない子達のことも、

その日いらしたパパやママが
みんなを我が子と応援してくださった。

初めは戸惑ってたたまごちゃんも、ママの笑顔に


おばあちゃまの笑顔にいつしかにっこり。

ひよこちゃんはというと、

あれあれ、かけっこでもなかなかのデットヒートを繰り広げてる。

パパやママの愛がおなかいっぱい、
あんこのように詰まってるから

心は前へ前へと向かえるんですね。

ほら見て、できるよ!
かっこいいでしょ!
素敵でしょ!

みんながそんな気持ちになれるよう先生だって全力です!

自分らしさ全開!です。

みんなが意気揚々と勇姿をご披露できたなら、
先生だって大喜び。

みんなの中で、

その子らしく輝く姿、

その子がその子らしく笑顔で楽しんでる姿を見れることが

親御さんには一番嬉しい時ではないかなぁ。

 

今回は、

ちょっぴり固まっちゃった?お友だちも、
本当はウズウズしてるのです。

次回は、敬老参観です。

夏のエネルギーを吸いこんだ後、

みんなそれぞれみんなの中で「自分らしさ」

花開きます。

どうぞ、お楽しみに。