UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

2019年度入室体験・受付中

ブログblog

収穫体験


2019.6.7
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

収 穫 体 験 ♪

招待いただき菜園に行ってまいりました。

エレベーターで4階まで
あと少し階段を、小さなみんながよじ登ると

そこには

夏空をバックに緑の菜園が広がっていました。

早速、
じゃがいもの葉っぱを手に手に、

うんとこしょ、どっこいしょ!

じゃがいも家族が飛び出してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さんみたいに大きいの。

赤ちゃんみたいに
ちっちゃいの。

お髭みたいな綺麗な白い根っこで
みんなみんな繋がってたね。

ほこほこの
土の中にも「かくれんぼ」

みんなで宝探しみたいに掘り進めます。

あっ、居た!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土の中から、探し当てると嬉しくて、

なんだか愛しそうにお顔の前で
「こんにちは」

そうそう
可愛い青虫くんもこんにちはしたね。

元気な畑の証ですね。

元気な畑の
元気なじゃがいも。

みんなの元気になあれ!

ファームの皆様
貴重な体験
ありがとうこざいます。

たまごちゃんの快進撃 ♬


2019.5.28
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

たまごちゃんの快進撃 ♬

新入生のお友だちの
思いがけない笑顔に魅了されています。

皆、想像を超える
ステキな表情
見せてくれています。

ママとのお別れは大号泣するも、
みんなとカートに乗り込み

いざお出かけ!

1歳半から2歳の
お友だちの瞳は、
本当に鋭く、強く。

見つめ始めると、
泣くことを忘れ、

だんだん触れ合う仲間に視線が
注がれます。

お散歩中も
大切な大切な
五感にごくごく時間。

季節の発見したり、
純ちゃん先生の素敵な歌声に

いつしかみんなで
英語の曲を大熱唱 ♪

ひよこ兄ちゃん、姉ちゃんの
そんな姿を、
みつめるたまごちゃん。

思わず、
つられて笑顔が飛び出します。

季節は、
気がつけば、

柔らかな桜から新緑の春へ。

自然の息吹が
みんなのがんばりを
包み込んでくれています。

 

 

 

緑の中で繋がる心 ♪


2019.5.27
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

緑の中で 繋がる心 ♪

御所の
自然に包まれて

緑のアーチをくぐり抜け、
出た先には小川がありました。

みんな、開けた視界と
流れる水に夢中に。

葉っぱの舟を浮かべて、
流してみます。

思わずぎゅっと目を凝らし
一才ちゃんもお舟の行方を目で追います。

中には、
小枝を拾って流してみたり、

水に浮くもの、
沈むもの?

2才の博士と
理系女のたまごちゃんは
実験大会になってたね。

 

遊びとして、

飽きるまで、
いっぱい体感できる
豊かな時間。

その様を見つめてた
新入生の2才くん。

ママとのお別れには
「ママ、だっこ~!」と大号泣だったのに
じっと小川をみつめてる。

その側に、
ふんわり寄り添う女の子。

言葉はないのに
どこか繋がりあった?

そっと、
彼に小石を渡すのね〜。

そ、それは
ちょっと大きいかなぁ。

あっ、投げなかった。
ほっ、鑑賞用でしたか。

石は、
翡翠でなくても

みんなの心を
慰めたり、ワクワクさせたり

どうやら
不思議な力が
やっぱりあるんだね。

そして

2歳のあなたにも。

言葉など、使わなくても

そんな風に

寄り添っていけるんだね。

楽しい思い出を記憶にするには・・・♪


2019.5.20
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

楽しい思い出 記憶を紡ぐのは今 ♪

こども達には、
ただただ楽しかった
10連休。

お休み明けのこどもの森では、

楽しかったご家族との
思い出の報告会!

「パパと〜、ママと〜、
 おばあちゃんと〜!」

「プール行ったの!」

「ザップ〜ンってしたの!」

お散歩の道中も、
私と手を繋ぐ右手、左手の
二人の2歳の女の子

同時に、
競い合うように
ご家族とのお出かけのこと。

ご家族と
とっても嬉しかった時間のこと

力いっぱい
伝えてくれました。

聖徳太子に
なりたかったあ。

幼児期のあったかい思い出。

それは、
心の愛の泉。

大きくなった時、

もし凹んだとしても、
一生その子の背中を
温かく押してくれる宝物に。

そんな思い出。

作られるのは、

楽しいことがあった後。
今からなんです!

「楽しかったね〜、
 嬉しかったね〜、
 面白かったね〜、
 また行きたいね〜!」

繰り返しが大好きな時

繰り返し、繰り返し

おしゃまなお喋りを
繰り広げてる
ご本人・・・なんとも
楽しそう!

きっと、
天才たちは、
楽しかった
その場面に、
嬉しかったその瞬間に、
瞬時にワープできちゃうみたいです。

何度も
その嬉しかった瞬間を
繰り返し実感。

思い出すことで、

それが、

記憶となり、思い出として
小さな胸にも残るのですね。

あなたが頑張った10連休。

今が
チャンスなんですよ。

いっぱい、

「面白かったね〜、
 楽しかったね〜!」って、

お写真を見返しながら、
お話してみてくださいね。

せっかく3歳の時にも、
ディズニーランド行ったのに
忘れちゃってる?

なんてことには
なりませんから。

お豆むきむき ♪


2019.5.17
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

お豆むきむき ♪

お腹がまあるく膨らんだ
えんどう豆の
皮をむきました。

実は主人の実家からの
故郷便。

ぷくんと
スジに指を入れるとパカっ!

 

 

 

 

 

 

 

みんな
静かに大興奮。

ピカピカツヤツヤの
お豆さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

1才ちゃんも夢中です。

お豆さん
何人家族のおうちかな?

1.2.3.4…..10

10人家族
凄いね、お豆の家族は
大家族。

きっと、ママ喜ぶね。

「ママにお土産に
持って帰ろうね。」

「う〜ん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

ママにお土産するの
大好きなみんな。

大きく深く頷いた。

今夜はお豆ご飯かな?

午後の寺子屋クラスの
みんなもお豆に夢中に。

「あっ、8個!」
「じゃあ、いくつ足したら10になる?」
「に、にい!」って、

10の分解の繰り返しも

なんとも楽しそうに
我先にと答えてくれます。

 

 

こうして自分の手で、指先で
お豆のさやの力強さ、

こんなおうちから
こんな子達が
ポコポコポコ。

この手触りが
体感!

「知ってるよ!やったことある」

またひとつ

知ってる世界が広がり、増えると

安心だよね。

そして、

夕食には、
白ごはんの上で
ピカピカ光っていたら、

豆ご飯
好きになっちゃうかな。

或るママが、

早速、

小さな彼がお豆ご飯
無心に頬張る姿
お写真送ってくださったぁ。

わぁ、嬉しいな!

今度は、
お豆の畑に
一緒に行きたいな。

宝石のように
鈴なりに実っている様を

一緒に見たいなあ。