UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

五感にごくごく先生


2024.2.20
モンテッソーリ

五感にゴクゴク栄養を
UniOVOこどもの森 山永幹子です ♪

 

五感にごくごく先生

 

小さなコンサートでの

こども達は大活躍

 

その傍には

 

いつも

五感にごくごく先生が

居てくれます。

 

アートが好き!

音楽が好き!

こども達の表現が大好き!

 

自分の大好きを極めて

今なお、

研鑽を積み続けている

先生たちが

居てくれます。

 

小さなコンサートでは、

京芸で、音楽を専攻し

学んでこられた先生たちの

「親子で楽しむコンサート」の

コーナーもありました。

 

打楽器奏者として

様々なオーケストラでも大活躍の

美輝先生

 

スネアソロを

披露してくださいました。

 

2曲目は

同じく打楽器奏者の

春佳先生は

ジャズピアニストに!

 

そして

クラリネットは桂子先生です。

素敵なこの日に

ガーシュインの「ス・ワンダブル」

素晴らしいを超える素敵なという

意味の曲を演奏してくれました。

 

こどもの森の教室でも

いつも身近な存在

 

その楽器にあった

素敵なクラシックの世界も

一緒に冒険につれてってくれる

日々、本物に触れ

五感にごくごくする時間が

こども達の中に染み込んでいます。

みんなの大好きな

先生の手元から

生まれる楽器の音を

 

小さな天才たちは

写真に撮るように

写しとっていると言います。

 

みんなは

何を好きになるのかな?

音楽を愛する心を

 

先生達の熱い情熱も

きっと写しとっていてくれるね。

お日様ママの力


2024.2.19
和みメソッド

五感にゴクゴク栄養を
UniOVOこどもの森 山永幹子です ♪

お日様ママの力

 

小さなコンサートでは

ママたちが活躍されるシーンも

ありました

 

歌は

「友だちになるために」

続いて

「つばめ」で

手話をもとにした

ダンスを披露してくださいました

なんて優しい

和やかな、穏やかな

リズムとフレーズ

ママたちの優しい手が

動くたび

 

まるでこども達の心を

トントントンと

優しく包んでくれるみたいな

素敵なダンス

 

その時の

こども達は・・・

もう釘付けです

 

まばたきすら

忘れてしまって

 

みんなが

みつめていたのは

勿論、

ご自分のママです。

最後に

お日様みたいなママの笑顔が

ステージ中央に集まると

 

たまらなくなった

ひよこ姉ちゃん

 

惹きつけられるように

ステージに

手を前に差し出し

歩み寄っていきました。

すると

お日様ママの笑顔も

さらにキラキラ

 

なんて素敵な

なんて神々しい

 

こども達の

生まれて初めての大舞台

 

こども達が楽しめるようにと

一緒に頑張ってくださった

ママたちと

 

心でそっと

ハイタッチ!

小さなコンサート


2024.2.18
ナーサリークラス

五感にゴクゴク栄養を
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

小さなコンサート

 

ナーサリークラス

1.2.3才のみんなの

小さなコンサートが

 

ウイングスホールで

開催されました。

 

小さなみんなは

大きなステージにびっくりするかな?

 

泣いちゃうかな?

かたまっちゃうかな?

そりゃあ、そうでしょうと

思っていたら・・・

 

みんなの

素敵な表現のお花が咲きました。

 

勿論、

最初はびっくりしたけど

音楽を感じて

音楽を楽しみ

音楽を内側に取り込んで

見事に、

歌にダンスに

笑顔に大熱唱!

身体中から

溢れるパワー

 

キラキラのステージを

大満喫

いつか

ブロードウェイかオペラ座に立つ方も

 

おられるのでは

ないでしょうか?

 

楽しみな空想を

掻き立ててくれる

小さいみんなが

とっても大きく見えた

鬼はあそとお!


2024.2.2
季節の行事を楽しむ

五感にゴクゴク栄養を
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

鬼はあそとお!

 

こどもの森の豆まき

みんなで鬼のバックも用意して

準備満タン。

ひろみ先生と

「鬼はあ~ そとお~」と

リハーサルもバッチリです。

みんなは

何が始まるのかなと・・・ちょっぴり

ドキドキ。

今日は

緑鬼さんが登場されましたよ。

 

「うぎゃー!」と

大絶叫で戸惑うこどもたち

「一体何が起きたんだろう?」

様子を見ているこどもたち

あまりにも未知すぎて、

見つめちゃう。

真実を見極めようと

グッとふんばるお兄ちゃん。

そばに来られると

やっぱり怖いよお!

緑鬼さんは

みんなの感性の扉を

 

ドンドコドンドコ

打ち鳴らしてくれたね。

 

いっぱい感じて

いっぱい泣いて

 

最後に

みんなでホッとしたね。

だって

鬼さん優しかったんだよね。

 

鬼さん、

みんなを

励まして帰っていった?

 

みんななら

きっとできるよって。

ひとりひとりに

 

身体全体から

愛のメッセージを伝えてくれたね。

 

優しい愛情溢れる

鬼さんでしたよ。

小さなみんなは

お父さん、お母さんの愛情に守られていて

実は、

みんなは気づいてないかもしれない

大きな愛が周りにあるんだってこと。

 

みんなが

パパやママに会えたのも

大きな偉大な力が働いているから。

 

Something  great! との

出会いの場になりますように

願っています。

 

*「人生の暗号」村上和雄
遺伝子研究の第一人者の解明する「人生は遺伝子で決まるのか?」
ロングセラーにsomething greatのことが書かれています。

 

2月3日の節分を過ぎると

2月4日は立春。

季節は春にへと

風の匂いも変わりそう。

春風のような


2024.1.15
アーティスト・講師

五感にゴクゴク栄養を
UniOVOこどもの森 山永幹子です ♪

 

春風のような

 

春の特別教室のアフタークラスに

この日は、声楽家の中坂彩香先生が

お越しくださいました。

 

伴奏は、

お嬢様のさき先生。

(現在、こどもの森のEnglishの先生としても大活躍!)

みんなの大好きな

「犬のおまわりさん」に「あいあい」

「きらきらぼし」

みんなも一緒に口ずさんだり

大熱唱したり。

不朽の名作

「おかあさん」では、

ご自身もお母さんであるあゆみ先生が

泣いちゃうほどしっとりと

歌い上げてくださいました。

 

絵本を広げて

「あめふりくまのこ」

「はらぺこあおむし」

みんなの目線に立って、

どんなプログラムなら

小さなみんなが楽しいかなって

愛情溢れるプログラム。

 

時は昼下がり、

彩香先生のお声が

心地よすぎて

 

思わず

気を失いそうになりながら

 

みんな

こんな楽しい時間

「寝てなんていられないわ!」と

気迫で目を開けていたね。

 

素敵がちゃんと

伝わってるんだね。

 

今、1才から3才の

みんなは、

お喋りすることから、

歌うことへ。

 

おなかに息を

思い切り吸い込んで

元気な心を

元気な息にのせて

 

全身全霊で歌うことを

楽しんでくれてます。

 

そんな時に

彩香先生の歌声は、

「歌う」って?

 

天才期のみんなに

また新しい景色を見せてくれました。

 

まるで春風みたい。

 

でも、なんだか

凛とした強さもあって、

 

想いを言葉で調べにのせて

届けることができる。

 

新しい景色を

言葉じゃなくて、その歌声の素敵さで

彩香先生のお人柄で

伝えて頂きました。

 

歌詞の中にある

限られた言葉だからこそ

「おかあさん」の歌に込められた

親子の愛情

 

「おかあさん」って呼ばれる

喜びが

お母さんも頑張ってる

あゆみ先生の心に

響いたのかな?

 

どの子の感性も

私たち先生たちの思いすら

彩香先生の歌声に照らされ

共鳴できる幸せに

心から感謝いたします。