UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室体験♪ 受付中

ブログblog

小さな胸の 大きな友情 ♪


2020.11.26
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

小さな胸の 大きな友情 ♪

給食の時

3歳お姉ちゃんが

「あれ?〇〇くんは?」

続いてもう一人3歳お姉ちゃん

周りを見渡し

「〇〇くん いないよ?」

すると我らがリーダー

3歳お兄ちゃんが

「せんせー!〇〇どこ?」と

大きな声を上げた。

その声は

みんなの心に

あっ本当だ!

いや半ば
〇〇君が居ないなんて、
大変だ!

みんなが
どうしたどうしたとなりました。

そこでみんなにご説明

「もう元気だけど、咳ができるから
念のためお休みだよ」と

言っても

みんなの中では

朝から一緒に居たはずなのに・・・

そんな感覚があったみたい

〇〇君は

いつも朝一番に来てくれて

ひよこ組さんには

かわいい弟で

たまご組さんには

頼もしい兄貴風

最近は
私とカートでみんなを
お出迎え

こどもの森の朝は

彼から始まっていたんですね。

小さなみんなの

友情

連帯感

仲間意識に

感動でした(T . T)

 

 

 

秋のこどもの森チーム ♪


2020.11.20
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

秋のこどもの森チーム ♪

10月から新しく

1才ちゃん、2才くんを迎えて

新しいチームになりました。

新しい可愛いお友だちが
とっても楽しんで

伸びやかに奔放に
こどもの森チームになってくれました!

うっわーい!って

母子分離なんてと

ママは心配だったかもしれないけれど、

お友だちを傍に感じて

一緒にかけて

微笑み合って。

一緒一緒が楽しいみたい!

そして

2才、3才の

ひよこ兄ちゃん、姉ちゃん組のみんな

あなたのように

そう、

お父さん、
お母さんの様に

年少者に慈しみの気持ちを持って

振る舞ってくれてる。

受ける愛から

与える愛、拓く愛にシフトです。

森の中でも
たまごちゃんが困っていると

みんなが傍に寄り添います。

そんな素敵な

ひよこお兄ちゃんを慕って

思わず追いかけたくなっちゃう。

互いの愛がぐんぐん

育まれてる。

「おにいちゃーん!」って言われると

ちょっぴり

ぐずぐずしたい朝も

「おねえちゃーん!」って言われると

ちょっぴり

もじもじしたい給食も

びゅんびゅんご自分で

やり遂げる度

達成感満タンに心が満たされ

ひよこ組さんは

さらに自分らしく
堂々と振る舞っておられます。

たまご組さんも

毎日、新しくできることが
いっぱい!

そのたび、

自分でも大拍手。

みんなの小さな挑戦を

必ずみんなで

見守っているからね。

深まる秋にレッツゴー ♪


2020.11.16
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

深まる秋にレッツゴー ♪

 

すっかり色づいた葉っぱに

みんな目をみはり

うわーっと大歓声!

黄色い秋のお花も
可愛く咲いて

みんなであの木をめがけて

よーいドン!

寒い冬になる前に

ますます

力をつけようね。

今日も挑戦は

20m力いっぱい走り切ろう!

「位置について~ よおい ドン!」

桂子先生の笛の音に

みんなそれぞれ
思いを持って

スーパーダッシュ!

うわー 速い速い。

ひよこ兄ちゃん

ウイニングランの勇者の表情。

ひよこ姉ちゃんチームも

しっかり誰よりも優れていたい!

そんな欲求が2歳、3歳のみんなの

小さな胸にふつふつと

芽生えてきましたよ。

 

たまご組さんも

堂々のゴール!

ゴールでは

誰よりも母性の強い玉木先生が

むぎゅって大きな胸に抱きしめてくれました。

 

張り切ったあとは

やっぱり

ママへのプレゼント探し!

どの葉っぱがきれいかなって。

1歳の彼

なかなか
それを伝えられないかもしれないけど

ポケットに
粉々になってる葉っぱみつけたら

それは
ママへのプレゼント

絶対手に持って帰りたい!って
踏ん張った証です。

秋の親子遠足は・・・♪


2020.11.10
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

秋の親子遠足は・・・♪

こどもの森の

秋の親子遠足は

鉄道博物館へGO!

鉄道ファン必見!「京都鉄道博物館」で鉄分をチャージせよ | 京都府 | LINEトラベルjp 旅行ガイド

パパもママもお友だちも

先生も一緒の日曜日

今はコロナ渦

それでも絶対に

楽しく親睦も図りたい!

そこで

チームに分かれて

クイズ形式で進んで行くことに。

 

自己紹介もチームごと

全てを

その日、突然リーダーお願いしちゃった

パパとママが

進めてくださいました。

なんて素晴らしい

リーダーシップ!

なんて素敵な

みんなの思いやり溢れる協力体制!

ご兄弟へのインタビューも

しっかり耳を傾けてくださってた。

それから

実は

こんなお願いをしていたのです。

パパにはママの好きなところ

ママにはパパの好きなところを

教えてくださいって。

パパ達が照れくさそうに

応えてくれました。

「おおらかなところです!」

「気持ちが優しいところです。」

「細かいことに気がつくところかな?」

そして

ママ達も応えてくれます。

「育児もいっぱい手伝ってくれます!」

「いつも笑わせてくれるところ」

「いつも一緒に考えてくれるところ」

ああっ、ちゃんと一瞬真顔になって

真摯に答えてくださいました。

なんだかすでに

胸がほっかほか。

さあ、ここから

鉄道クイズの始まりです。

「私を探してください」シリーズ

みなさん、

チームごとに

駆けだしていかれたのでした!