UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

2019年秋入室・体験受付中

ブログblog

小寺卓矢さん♪


2019.8.23
自然

森のスペシャリスト、
小寺卓矢(こでら・たくや)さんが
UniOVOこどもの森♪
北海道より!!

小寺卓也さんと遊ぶ
ワークショップ・森のあそび詳細はこちら

 

小寺卓也さんプロフィール
takuya@photokodera.com
https://photokodera.com
https://www.facebook.com/photokodera

写真家/写真絵本作家

1971年生。神奈川県出身。北海道十勝管内芽室町在住。

「森に息づくいのちの繋がり」をテーマに北海道や本州の森林風景を撮影している。これまで書籍や個展など多方面で作品を発表。他にもスライド上映講演会や写真絵本づくり講座、学校等での写真体験プロジェクト指導、他ジャンルアーティストとのコラボ公演などを数多く行い、幅広く活動している。
主な著作に写真絵本『森のいのち』『だって春だもん』『いっしょだよ』『いろいろはっぱ』(いずれもアリス館)、『わたしたちの「撮る教室」』(石川晋ほか共著/学事出版)、フォトエッセイ集『阿寒 遥かなる木魂を聴く【HOPPAライブラリー】』(電子書籍/ナチュラリー)などがある。
『森のいのち』は北海道指定図書、長野県読書感想文コンクール推薦図書など各種指定図書に選定。また小学校教材に採用されるなど教育分野でも高く評価されている。『いっしょだよ』は、第59回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(小学校低学年)など各種指定図書に選定。『いろいろはっぱ』は平成30年度北海道指定図書および北海道青少年のための200冊にに選定。カバーと口絵写真を担当した書籍『ちょっと不思議な絵本の時間 おとなが読みあい語りあう』(Re〜らぶ編/かもがわ出版)はIBBY(国際児童図書評議会)障害児図書資料センター2017推薦図書に選定された。平成22年度より北海道教育庁特別非常勤講師を務める。

小麦粉 そして塩、絵の具 ?


2019.8.9
季節の特別教室

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

小麦粉 そして塩、絵の具 ?

我らがまいこ先生とのアートの始まり。

小麦粉を計って、
それはまるで、お料理の始まり。

そこに絵の具を入れて、まぜまぜすると

プニプニの手触りに。

それは、
きっとあなたのほっぺくらいかな?

うふふって楽しそうに
小麦粉塩粘土を作成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、
ボトルに入れたその絵の具で
思い思いの絵を描く。

ボトルを絞りながら無心で描く
その絵は・・・夢のパフェ?

小麦粉とゆびえのぐ、お塩を少々

今、あなたが欲しい色が

生まれたね。

少し時間を置くと、

立体感に溢れ、
塩がキラリと絵の具に混じって
光ってる!

 

奇跡のLesson 夏のお茶会 ♪


2019.7.23
五感教育

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

奇跡のLESSON   お茶会編♪

そこに一緒に居合わせた、
みんなみんなが幸せになる奇跡のLESSON

それは、
夏のお茶会でのこと。

あっつい季節になりました。

こんな時こそ、
体の芯は冷えているそうですよ。

体の芯に温かい
心はリラックスできる
お茶のお稽古。

今年度も、

堀内若宗匠と
花園大学茶道部より2名の素敵な先生にお越しいただきました。

ナーサリークラスは今、19名。

春から新しい小さなお仲間をお迎えしての
初めての茶道のお稽古。

全く初めてのお友だちが
「え?今日は何々?」・・・って

(これは当然だよね)
未知すぎてウキウキする中、

前年度からのお友だちは、
昨年度のお稽古の経験を経て、

若宗匠のお点前が始まると、

なぜか背中ピン!手はお膝!

自然に
そうなっている素敵な姿に、
先生達もビックリしたよ。

 

また、次は茶筅を持って、
自らお茶を点てることに
挑戦です。

若宗匠に、
手を持ってもらって
お茶を点てた1歳ちゃん。

シャカシャカシャカシャカ ♪

きゃははは・・・と
満面の笑み。

その貴重なお茶は
ママがごっくん。

ママが「1歳で何ができるかな?」って
正直思っていたけれど、
我が子の、
とっても楽しそうな様子を
同じ空間で、一緒に見せて頂いて、
いっぱい吸収してるんだろうなって
感動しました、と。次の日の連絡帳に書いてくださってました。

子ども達のお稽古の後、

実は、

ママ達にも、
若宗匠のお茶が振る舞われたのです。

「ああ・・・」

ママ達もうっとり。

 

いつも頑張ってらっしゃるママ達の肩が
ふっと緩んだように見えました。

そして、
ママ達の笑顔が
本当に嬉しかったです。

すると、
次は、先生達にも。

一緒に頑張ってくれてる
先生達の
ほっこり笑顔、
本当に嬉しい。

その空間、
隅々まで、みんなが幸せな笑顔
いっぱいの空間になるように
大きな愛で包んでくださった

若宗匠、
本当にありがとうございます。

 

紀彦先生のお弟子さんであられる
茶道部の学生さんたちも
なんだかこの一年で、
ぐんと風格が
増しておられましたよ。

素敵な師匠との
お稽古の積み重ねの力なのですね、
きっと。

 

山鉾巡行を見上げて ♪


2019.7.18
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

山鉾巡行を見上げて 

祇園祭のクライマックス・山鉾巡行も

こどもの森から徒歩5分。

しっかりみんなで、目の当たりに
しかと観てきましたよ。

なんとパパが鉾の上で
大活躍されてるお友だちもおられ、

自然にみんなで

「パパ、がんばれ〜!」

鉾に向かって大熱唱になっていました。

長刀鉾の勇壮な姿を、
圧倒されるように見上げた後、

蟷螂山の登場。

羽根を広げた蟷螂に、
かまを上下するたびに、
こども達は大興奮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拍手も飛び出し、「かまきりさ〜ん!」
熱狂的なファンになりました。

コンコンチキチン
コンチキチキチン

どっこいしょ〜せ〜の!

こども達は手拍子も交え、

聴こえてきた音を帰り道には、再現して歌ってました。

す、凄い!

突然、行列から一人のパパがみんなのところへ。

可愛いたまごちゃんのお嬢ちゃんを
そっと抱き上げ、抱きしめて記念撮影。

そして、風のように消えちゃった?

その後、その可愛いたまごちゃん。

たまご組さんなので、
お散歩はいつもカートに乗って。

ところがこの日の帰り道は、

ひよこ組のお兄ちゃん、お姉ちゃんと手を繋ぎ、

ワッセワッセと歩いて帰られました。あなたも行列気分かな?

きっと別世界のような勇壮な優美な行列から

颯爽と現れたパパが
とっても素敵だったんですね。

連絡帳を書きながら、
「パパかっこよかったね」って囁くと、

「う〜ん♪」って
とっても嬉しそう。

いつもより大きな瞳を更に見開いて
うふふと答えてくれました。