UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

数の世界は十進法


2022.11.10
アフタークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

数の世界は十進法

 

愉快なゆかいな

アフタークラスの年中さん

 

みごとに

「もじ」「かず」の敏感期を

タイムリーに過ごしたね。

 

小学校受験には、

平仮名を書ける必要はないし、

数字で答えるものも無いけれど、

 

「もじ」や「かず」が

わかるということは、

 

みんなに見えてるこの世界の

地面や天井が

できたと同じくらい

大切なことと

 

こども達を見てきて

思うのです。

 

数の概念が

手にとるようにわかる

 

モンテッソーリの

「かず」の教具でご案内

瞬間、

こども達の瞳は

きれいなビーズに吸い付けられる

 

年少さんのころ

一生懸命

取り組んできた「かず」の世界は

これから、

こんな風になっているよと、

「9は、1増えたら?」

「何になる?」

 

十進法の世界へ

ご案内

10って、

お団子!

 

100はお座布団!

1000って

重たあい!

そんな視覚から

持ってみた感覚からも

数の世界を実感したあとは、

 

そこは、こどもの森の

アフタークラス

 

やっぱり忍者の修行で

元気にハッスル!

お相撲大会では、

逞しくなった力を

真っ直ぐぶつけあう。

もう桂子先生も

やられちゃううう!

隣りの教室では、

じっくりニ項式の箱に

挑戦してた女の子

面白そう!

そんな気持ちが宝物。

 

やり遂げた

その時の微笑みは

神々しいな。

秘密ぶくろ


2022.11.4
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

ひみつ袋

 

なんとも意味深な袋を

こども達の前に

 

見た目も同じ、触っても同じ

そんな二つの袋には

こども達も知っていて

色んな手触りの小さなものが

隠れています。

 

それを

ひとつづつ、

 

手で触って、

確かめて、

覗き込まないで、

 

ひとりが出したものを

もうひとりが同じものを

「うん、きっとこれだ!」

確信を持って

取り出すというもの。

モンテッソーリ教育の「生活」の

お仕事のひとつ

 

ついつい、

見たくなっちゃうよね。

 

こっそり、

のぞきこみたくなるけれど、

ここは、

がまん、がまんで

やり遂げました!

「やったー!あたりい!」

 

その瞬間が

とても嬉しいことを

知ってる彼は、素敵に集中。

 

いつも当たり前に使ってる目を

使わない?

 

そのことで、

指先の感覚が

こんなにも研ぎ澄まされるものなんだなぁ。

 

感心していると。

 

最後のアイテム

さくらんぼの髪ゴムが

いたく気に入ったらしく

 

ひよこ兄ちゃん

「くくりたい〜!」のリクエスト

 

お応えしたら、

お茶目爆発!!!

なんだか陽気な

愉快な男の子に成長中。

 

もうすぐ もうすぐ

3歳だね。

 

秩序感の敏感期 ♪


2022.10.1
和みメソッド

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

秩序感の敏感期

 

ティータイム

1歳ちゃんがギャハハと突然

感激の声をあげて

かけてくる。

ど。どうしたの?

 

その両手にあったのは

お魚パズル

 

「おんなじ!おんなじ!」

「あったあ!」って。

見つけた二つのパズルを

私に渡すと

また嬉しそうにかけていく。

 

見つける度に歓喜の声をあげ

走って駆け寄ってきてくれる。

 

2歳ひよこお姉ちゃんと

教室のステップに並べ始めた。

「おんなじ、おんなじ」

見つけてるその横顔は真剣そのもの

 

その視線の配り方は

まるで電光石火

二人で、並べたお魚みつめ

大切なだいじな仕事を終えて

ホッとしたみたい。

 

続きまして、

今夜はシチューにしようかなと、

ゆうげの支度

おままごとが始まりました。

 

せっせと

自分自身を育む活動

どんどん続くね。

 

美しい感覚教具 ♪


2022.2.11
モンテッソーリ

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

美しい感覚教具 ♪

 

モンテッソーリの赤い棒や

ピンクタワー

 

その美しい教具の中に

十進法も密かに隠されていて

 

大きい、小さいの感覚

長い、短いの感覚

 

こども達の

掌で、目で、指先で

味わうことができるのです。

 

数字というものを

その子の世界にご紹介する前に

沢山味わうといいです。

 

一番長いものは?

次に長いものを探そう!

瞳は真剣

並べていくのを

見てるみんなも

ぐぐっと引き込まれて

「あっ、やっぱり

こっち!」

見てるみんなも

うんうん頷く。

 

長さの違いが、

ここも同じ。

こっちも同じ。

 

なんだか世界が整ってくる感じ。

こちらは、

2歳さん。

ピンクタワーのご紹介は

言葉で何も言わなくて、

彼が積んだら教えてくれて、

一緒に喜んだら

彼が後ろを向くのでバラバラに。

新しい課題に

キラリと目を光らせて

積み上げてみたり、

電車にしてみたり、

イメージすること

集中することを

楽しんでたね。

 

もうちょっとしたいなと

かわいい笑顔でせまられて

はめこみ円柱

あらっ、難度の高いところから

攻めましたねえ。

 

自分の目で見て、指先でつまんでトライ。

 

そのトライへの間違い訂正は

教具がしてくれるという優れもの。

ぴったりはまって

最高の笑顔で顔をあげるまで

見守っていればいいのです。

 

最後まで自分でできた!って

思える時まで。

 

モンテッソーリの感覚教具も

さまざまなお仕事も

 

アフタークラスや

ナーサリークラス、ベビー親子クラスでも

ご紹介しています。