UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

入室願書♪ 受付中

ブログblog

紫陽花きれい ♪


2022.6.23
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

紫陽花きれい ♪

 

御池通りが

色とりどりで満開の頃

 

みんなも

汗をかきかきお散歩

 

1歳 たまご君も

2歳 ひよこ兄ちゃんと

先生に守られながら、

歩いてみてます。

たまご君

すっかり力強くなってる

 

御池通りで

出会った紫陽花

美しいその色は

花びらではなくがくなのだそう。

本当の花はその中心に。

 

見つめる天才たちは

夢中になってみつめます。

 

こちらは

純白の紫陽花

 

高貴な雰囲気も漂い

思わず手を伸ばしたくなるね。

まだ真っ白な

みんなと同じ

 

こちらは、

みんなのお顔より

うんと大きな薄紫の紫陽花さん

 

「お花には。優しくねっ」って

先生たちの声かけに、

優しくタッチ

下からそおっと。

指先でつんつん。

大切なものを

あつかう時のソフトタッチも学んだね。

 

「あっ、ダンゴムシ!」

ひよこさんが

手に這わせて順番に?

(うーん、ボクはこんどにするよ?って

言いたいのかな?)

グルグル考えてるのが見える様

 

小さな命に

みんなは釘付け

真剣そのもの

暑い暑い夏だけど、

夏のお花や夏の虫

子どもたちには宝物!

夏だからこその楽しさ

一緒にいっぱいみつけようね!

挑戦したがるこどもたち ♪


2022.5.27
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

挑戦したがるこどもたち♪

 

爽やかな朝のうちに

公園にお散歩。

ひよこ兄ちゃん、姉ちゃんは

なんとクライミング!

 

「一人で登ってみたいひと〜?」

って、桂子先生。

すると

女の子が弾けるように

エントリー!

男の子もじわじわ

みんなエントリー!

 

身体を使って

高さを実感。

勇気をふりしぼってみた?

 

「ボクはお兄ちゃんになったよ!」って

自ら、宣言した彼ら

自分を信じる力が増えたんだね。

もう公園の壁面が

エベレストにしか見えません。

 

しっかりストーンにしがみつき

見事、登頂成功!

そんな勇姿に

みとれていたたまごちゃんも

ナイススライド!

 

滑り降りることで

高い低いも実感、体感!

 

次に、

うんていへ行くと。

 

既に

みんなぶら下がり、

 

さあ、自分の体は

重いかな?軽いかな?

 

大人は、いえ私は

充分知っています、、、めちゃ重いって。

 

うんていを見て

嬉々として

ぶら下がろうとする

大人はいませんが、

こども達には新鮮なのです。

手指から伝わる

自分の重さが。

 

こども達は

自然に挑戦を始める。

こちらのたまごちゃんも

アグレッシブに挑戦中。

どんどん

新しい世界の扉を開いては、

 

思いがけずパワフルに

お気に入りの世界

ひろげていかれてます。

 

脳科学では、子どもたちの脳の回路の85%が

3歳半までに作られると言います。

 

指先の知育遊びも大切ですが、

指先が繊細に使えるようになるには、

体幹を使い、脳に酸素をしっかり取り込める

自然の中でのお外遊びが最高です。

この日も

新緑の美しいユリノキが

みんなに木陰を作ってくれていましたよ。

 

新緑の上賀茂神社 ♪


2022.5.11
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

新緑の上賀茂神社 ♪

 

爽やかな風が吹き抜ける

新緑の上賀茂神社に

春の親子遠足

 

パパやママと

みんなと先生で

集まりました。

 

え?なんで?

ここにいるの?

 

広い芝生の向こう側から

集合場所に現れて

明らかに戸惑いを見せるみんな。

 

そう、秩序感の敏感期

 

子ども達にとって

私たち先生は

教室がおうちらしい(笑)

 

自己紹介や

いつものカード遊びで

青空教室から

緑の芝生で

いつもの曲でヨーイドン!

一歳ちゃんもヨーイドン!

パパやママの

応援に

いつもの笑顔が飛び出した。

上賀茂神社はその昔、

神様が降り立ったというところ

 

みんなで

境内を回り、

 

立砂の前で

興味深げに大きなお砂の山を

見つけたね。

本殿のところで

ハイチーズ!

 

縁結びの神様のところでは、

 

みんなに会えた

奇跡に感謝して

手を合わせました。

緑の木々の間を抜けて、

蝶々みたいに触れ合って、

さあ、川遊び!

 

なんと、

水量がぐっと少なく

 

みんなにピッタリ!

 

そろりそろりと

入ったり、

大胆にバッシャーンと

飛び込んだり、

それぞれが

それぞれでとてもいい。

未知との遭遇、、、。

 

なんと小さなカニさんまで

みつかって、

むんずと掴めたり、

触るのこわかったり、

 

それもそれで

とてもいい。

レイチェル・カーソン著

「センス オブ ワンダー」

お薦めです。

 

小さなみんなとの時間

子ども達と同じように

初めてその自然に出会ったかのように

大人も感じてみるのが素敵なことと。

 

今回もパパやママが

初めてみたいに新鮮に、

 

上賀茂神社の豊かな自然に

感動して、

子ども達と一緒に、

楽しんでくださったこと

 

パパやママの笑顔が

きらきら見れて

とても嬉しかったです。

こんな行事を

一緒に過ごした次の日

 

こどもたちは、

いつも以上に嬉しそうに

登園してくれるんです。

 

「みんなで行ったねえ。」

「カニさんいたね。」

 

共通の思い出が

できたことがとても

嬉しそうに。

お豆をむきむき ♪


2022.5.6
自然

『五感にゴクゴク栄養を ♪』

UniOVOこどもの森 山永幹子です。

 

お豆むきむき ♪

 

主人の長崎の実家から

無農薬で大切に育てられた

えんどうまめ

送ってきてくれました。

そこで、

こどもの森では、

お豆むきむき大会に。

 

ぷっくり膨らんだ

そのさやのお尻を割ると

メリメリメリっと

さやが開いて

 

現れたのは

真珠みたいな

キラキラお豆

 

食べるの大好き

1才ちゃん

 

思わず口に

放り込みそうに。

そうだよね、

給食にもよく登場する

おまめさんだもんね。

 

実は、

これが

お豆さんのおうち

 

ちょっぴり蒼い

香りも一緒に

小さな自然との出会い

 

ひとさやごとに

開けるたび

顔を出すのはお豆の家族

ひよこ姉ちゃんは

瞬時に夢中に。

ちょっぴりかたいおうちから

薄緑のお豆の家族が

こんにちは

たまごちゃんは

右手の人差し指と親指で

一粒づつつまみたくて

出ました!きれいな精密把握!

親指と人差し指が

きれいに向き合っています。

※シールを貼る時みたいに、1才ちゃんには

なかなか高度な手の動き

 

そして、

さやとお豆の間には、

へその緒みたいに

 

繋がってる

 

それを、

プチンプチンと

ささやかな指先の感触も

感じているね。

 

 

「あっ、赤ちゃんのおまめ」

 

小さな小さな一粒を

愛おしそう眺める2歳ちゃん。

 

これも、

小さな命だね。

 

こちらは

既にお料理してる

イメージで?

ママみたいに左右の手の協調が

とっても素敵!

みんな昨夜は

頬張ったかな?

あったかい

春の香りの豆ごはん。

 

凄い集中で猛烈に

一人もくもく

繰り返していたひよこ兄ちゃん

すでに熟練

「ママにおみやげにする?」って

言うと、

思わずにっこり。

 

ここで特筆すべきは、

いつの間にか

1才ちゃんも両手を協調させて

お豆の家族に向き合ってた。

ひよこ兄ちゃんや姉ちゃんを見て、

写真に撮るように

瞬時に学んだんだね!

指先で感じて、触って

学ぶ時

 

みんなには

最高のプレゼントになりました。

 

お父さん、お母さん

ありがとうございました。