UniOVO こどもの森

お父さん お母さん こどもたち みんなの幼児教室

075-279-3008

お問い合わせ

     

秋入室♪体験受付中

ブログblog

こどもの森のハッピーハロウイン part 3


2018.11.7
食育

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

ハッピーハロウインの思い出 part 3♪

こどもの森では

収穫の秋を寿ぎ、
自然の不思議さ、素晴らしさにも
フォーカスする機会になるように

まずはかぼちゃクッキー作り、

野菜の種クイズ

そして悪霊をやっつけるために
肝試しスタイルのハロウインイベントとなりました。

可愛い先生が扮したモンスター

でも本当は、

モンスターは
みんなの心の中にいるんじゃないかな?

お片づけなんていやだあ!(だって今楽しいんだもん!)
自分でするなんていやだあ!(ママが履かせてくれたらいいでしょう!)

そんな、みんなの心の中のモンスターをなだめて
「自分でできたら嬉しいな。」
「自分でできるって楽しいな。」

そんな喜びに目覚めてくれると
素敵だなあって・・・。

きっとモンスター役を
かって出てくれた先生達は
願っているよ。

ドキドキの後、

お迎えのママ達と
美味しいクッキーをやっと味わい

てんちゃん先生と「go away!」
再びモンスターを吹き飛ばす勢い!!!

みんなでお歌を歌ってお別れしました。

 

こどもの森のハッピーハロウイン part 2


2018.11.5
ナーサリークラス

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

ハッピーハロウインの思い出 part 2♪

こどもの森では

収穫の秋を寿ぎ、
自然の不思議さ、素晴らしさにも
フォーカスする機会になるように

まずはかぼちゃクッキー作り、

野菜の種クイズ

そして悪霊をやっつけるために
肝試しスタイルのハロウインイベントとなりました。

楽しいてんちゃん先生のEnglishの時間に
突然、音楽が消え、モンスターが現れた?

その向こうには、
みんなの大好きなロディーくんの赤ちゃんが。

そこでみんなお手製の衣装を着けて
「ロディを助けよう!」となりました。
(この物語設定は、朝の学びの時間に子ども達の心に)

1歳から3歳のそのリアクションは・・・
想像を超えて様々。

教室が薄暗くなった時、
一番びっくりして泣いたあの子が
一番にロディーちゃん助けに行くと決意したり。

怖がる様子もなく、
探究心と好奇心のままに
モンスターやロディちゃんを
興味深げに観察しに駆け寄る男の子。

あまりに怖くて、
二人組で手をつないでみた2歳と1歳の女の子達。
(うん、それはわかる。)

モンスターは、
実はみんなの大好きな先生たち。

それぞれの葛藤を経て
無事にミニロディーちゃんを救った戦士たちは
どこか誇らしげに見えるのでした。

 

 

 

 

 

こどもの森のハッピーハロウイン part 1


2018.11.1
食育

『五感にゴクゴク栄養を ♪』
UniOVOこどもの森 山永幹子です。

ハッピーハロウインの思い出 part 1♪

 

収穫の秋を寿ぎ、
自然の不思議さ、素晴らしさにも
フォーカスする機会になるように

まずはかぼちゃクッキー作り!

明日香先生からの楽しいミッション。

それは、1歳ちゃんには、かぼちゃと米粉がメイン

小さなお手てで、
まるめて、まるめて、
そしてギュってするだけのクッキー。

それでも
立派な手作りクッキー!

2歳さん、3歳さんは、

クッキー生地を伸ばして伸ばして
型抜きクッキーに挑戦です。

育脳で、よく『目と手の協調』が大切と言いますが、
食育は、『目と手と口の協調』ですね

それにいい香りがしてくると、
みんなのお鼻もクンクンクン。

まさに五感にごくごく栄養を
です。

「わあ、ハート!」

型抜きできた・・・その瞬間
それはそれは嬉しそうに、
空想の世界に飛び立つ
3歳お姉ちゃん。

その巧みな指先に
見とれている2歳の女の子。

大丈夫!

来年は、あなたが憧れのお姉ちゃんに
なっているからね。